ヴィッセル神戸の人事について

暫定監督にリュイス氏

そして新SDに永井氏が就任しましたね

まず、監督についてですが

わざわざ暫定的と記載をしたことからも、新体制は本格的に模索してるものかと思います

ただ、もともと三浦監督体制下でコーチをしていた日本人陣営を後任に据えなかったのは

三浦サッカーの継続ではなく、いまのチームを見つめ直す意思表示があると思うので

そこは明日から始まるリュイス新監督体制に期待を持ちながら応援したいなと思います

暫定的な体制でも結果と内容が伴い出したら、体制の継続はありえると思うので

そうなったら、リュイス監督の右腕となる方をスペインから引っ張る等考えて欲しいですね

続いて、議論が起きている新SD

正直なところビックリしました

パワハラうんぬんは沢山記事にされているので、あえて触れませんが

個人的に気になったのは、そこまでして引っ張ってくるほど優秀な方なのかどうかって部分

フロントの優秀さがチーム成績や強化に繋がることは、ここ数年のリーグを見ていても顕著なので

個人的には、その道のプロの方に来ていただければ心強かったのですが

過去の経歴を見ると、ほとんどフロントの経験もなく

監督としての結果もイマイチだったので

三木谷さんの推薦が尊重される形ではなく、SDに必要とされる素質や経験を十分に踏まえた上で

人選に当たってほしかったなというのが個人的な思いです

決まった以上は見守ることしか出来ないですが、バルサ化を掲げるなら

選手だけでなく、チームに関わる全ての組織基準をあげて欲しいなと願います

サポーターの立場上、応援することしか出来ませんが

何とか良い方向にチームが進んでいって欲しいですね

つぶやき
スポンサーリンク
Yutori@Tokyoをフォローする
LIFE with VISSEL

コメント

タイトルとURLをコピーしました