横浜FMに敗北もACL出場権獲得!

試合自体は残念な結果となりましたが、今年の目標だったACL出場権を獲得しましたね!

昨年の悔しさをチーム全体で乗り越えて、自分たちが立てた目標に向かって1年間戦い抜けたことに価値があると思います

チーム史上最高順位となる3位も確定し、また1つ新しい記録も作れました

こうして過去の記録を上書きし続けることによって、ヴィッセルのスタンダードが高い基準になっていくと思うので

少し気が早いですが来年も新たな記録を作れるチームになるよう期待したいですね

肝心の試合ですが、2位の横浜FMに0−2で敗戦

来年タイトルを獲るためには、まだまだですね

相手が神戸対策として中盤のスペースを消してきたときに、チームとして如何に効果的な攻撃をデザインしていくのか

どのように相手の守備陣を動かしてバランスを崩すのか、そのためにはどういったポジショニングで、どのような動きをしなければいけないのか

チーム全体で考えていかなければいけませんね

攻撃は守備よりも、選手個々の連携や突発的な閃き、アイデアに依るところも大きいので難しい部分もありますが

神戸よりも上位にいる川崎や、横浜FMはこの辺りのレベルが非常に高いので

ヴィッセルもチーム全体で連動した動きがもっともっと増えていくと良いなと思っています

この試合を難しくしてしまったのは1失点目ですね

どちらに転ぶか分からない中で、菊池選手が引き出されたスペースを突かれ、最後はコミュニケーションミスによる失点

カバーリングの影響もあったかもしれませんが、それでも技術的なミスでなく、判断や声かけによって防げたものだったのが悔やまれますね

モチベーション高く入った1戦だっただけに、この失点の仕方が若干の焦りを生んでいたように見えました

それでもチャンスはいくつか作り出したのですが、この日はツキもなく

追加点を奪われて終戦

交代選手の層なども含めて、まだまだ取り組むべきことが多いと再認識することができたのは来季に向けて良かったと捉えるしかないですね

長かったシーズンもいよいよ次が最終節

アウェイでの戦いとなりますが、来年の戦いに希望が持てる1戦になることを願ってます!

P.S.

他会場の結果によって決まったACL出場ですが、それでも試合後の選手の表情や

SNSの投稿を見ていると、本当に決まって良かった

シーズン途中から、名古屋、鹿島、浦和、鳥栖との熾烈な3位争いが続いていたので

心臓に悪い期間も長かったですが、今年のチームの頑張りが1つ報われて本当に嬉しいです

課題は多いですが、それでも1年間たくさんの勝利や歓喜の瞬間を味合わせてくれたことには感謝しかありません

本当にヴィッセル神戸の皆さん、ありがとうございます!

最後また勝利の味を噛み締めるべく、来週も応援あるのみ!

Vamos!Vissel!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました