デカ過ぎる勝利

今月初勝利!

ACL圏を争う相手、なおかつ

ホームで殆ど勝てていなかった鹿島に対して

新戦力が活躍しての勝利はデカ過ぎる!!

リーグ戦で連敗しなかったのも含めて、本当に嬉しい結果となりました

この試合最大の注目は間違いなく武藤選手だったかと思います

まだ合流間も無い中でしたが、後半から出場すると役者の違いを感じずにはいられませんでした

フィジカルの強さを生かしたキープ力や起点になる動き、決勝点を演出するパスセンス

そして何と言っても決勝点に繋がった、裏への抜け出しや駆け引きに、スピード!

楽しみな選手が来たと感じさせるに十分な45分間でした

イニエスタ選手はもちろん、出場停止のサンペール選手が帰ってくれば

スルーパスから裏抜けして多くのチャンスを演出してくれそうですね

これからコンディションを上げて、連携面を深めていけば更に脅威となること間違いありません

結果的に勝利を掴んだ試合でしたが、内容は決して褒められたものではありませんでした

個人的に最も気になったのは、ビルドアップの部分

3バックにして臨んだこの試合でしたが、DFラインでボールを回しているときに

3バックの距離感が近過ぎるため、鹿島の選手を揺さぶることが出来ていませんでした

そのため、鹿島の選手は常にピッチ全体にバランス良く配置された状態を保てていたので

サイドの初瀬選手や酒井選手にボールが入った際は、すぐに鹿島の選手がボールホルダーを囲み

前線に良い形でボールを渡すことを許してくれませんでしたね

個人的には3バックのサイドを務めた、菊池選手と小林選手は各サイド側に開いて幅をとることにより

相手を動かしながら、空いたスペースを突いていく形の方が良いのではと

また、3バックが幅をとることによって、初瀬選手や酒井選手は1つ高い位置をとることが可能になるので

相手のプレスを剥がせた際に、大きなチャンスに繋がる可能性も高まってきます

3バックにするなら大崎選手のセンターをもう一度見てみたいのですが、復帰したばかりでコンディションはこれからですかね?

もう一度試して欲しいなと個人的には期待してます

内容を見ていると、この先の試合も決して簡単ではないなと思いつつ

選手層が一時的に薄くなっているこの状況で上位対決を勝ち切るのは、今年のチームならではのしぶとさを感じます

新しい風が吹き出したいまのヴィッセルが更に強く大きくなることを信じて

水曜日の大分戦も応援ですね!

〈今日の良かったこと〉

飯倉選手は頼りになり過ぎる!

決定機を何度も防いだセービングはもちろん

飛び出しや、ハイボール処理への判断も見事でした

難しいピッチ状態でも、足元の上手さは光りますし

マンオブザマッチと感じる方も多いのではと思います

怪我で離脱中の前川選手が先発することの多かったキーパーのポジションですが

今日のパフォーマンスを観ると、まだまだ守護神争いは分からないなと

嬉しい悩みの種が増えますね!

新戦力だけでなく、既存戦力の奮起は本当に良いですね!

Vamos! Vissel!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました