ヴィッセル、大迫と武藤獲得か

数日前に報じられました

ヴィッセルがヨーロッパで活躍する大迫選手と武藤選手の獲得に興味を持っているという件

古橋選手が抜けた前線を補強するという点では、あり得なくもない話ですが

神戸の移籍関連ニュースはとにかく漏れないことを考えると

この動きは本当なのかなと疑いを持っている神戸サポーターの方も多いのではと思います

とはいえ、両選手ともに間違いなく即戦力になるので来てくれたら大きいですね!

大迫選手に関しては、まず所属チームのブレーメンが財政的に余裕のあるクラブではないので

来年6月まで契約を残す大迫選手を、移籍金が取れるタイミングで放出することも視野に入ってるのではと思います

ここで相手が納得する移籍金を提示できればクラブ間合意は問題ないかと

あとは本人の意思によるところですね

欧州でまだまだプレーしたい思いと、FWでのプレー機会を得たいという思い

どちらが強く出るかということだと思います

さらに古巣となる鹿島へのこだわりがあるかも神戸移籍にはポイントになりそうですね

武藤選手にも同じことは言えますが、こちらはやや状況が違いそうです

大迫選手はチームの戦力として考えられている一方で

武藤選手はこれまでの経緯を考えると、恐らく序列は低いと思います

出場機会がコンスタントに得られるか不透明な中で、来年のワールドカップを考えると

まずはプレーできるチームを探すというのが最優先かもしれません

代表復帰を考えたら、森保監督の目にも留まりやすいJリーグ復帰は十分にあるかと

ただ、武藤選手の場合はニューカッスルが設定する移籍金は高くつきそうですね

この価格を満たせた際は、かなり可能性が高まる気がします

あとは、本人が古巣のFC東京に拘るのか、神戸に魅力を感じて来てくれるかですね

どちらも簡単ではないですが、何とかこの中断期間で前線の厚みを持ちたいヴィッセルとしては

多少のお金を出す覚悟はあるでしょうから、吉報を祈って待つのみですね

個人的には、古橋選手や大崎選手、菊池選手などJ2から獲得した選手の飛躍がここ数年で目立つので

若くて勢いのある選手も来てくれればなと密かに期待しています

果報は寝て待て

Vamos! Vissel!!

チーム関連
スポンサーリンク
Yutori@Tokyoをフォローする
LIFE with VISSEL

コメント

タイトルとURLをコピーしました