【マッチプレビュー】J1第21節 vs湘南@ノエスタ

皆さん、こんにちは!

今日からいよいよ後半戦に突入ですね

難敵が相手ですが、勝利スタートと行きたいところです

早速、マッチプレビュー書いていきます!

スポンサーリンク

湘南ベルマーレについて

本日の対戦相手は、湘南ベルマーレ

前半戦の試合では、お互い譲らずスコアレスドロー

今日の試合も、かなり難しい展開が待っている気がしますね

直近5試合の結果はこちら

ここ5試合で3勝2敗と勝ち越しています

前節の柏戦は、ロスタイムに大逆転を許す展開でしたが

ハンドで湘南の得点取り消しが2回ほどあったようなので、かなり攻め立てていたことが分かります

好調な浦和にも勝利していますし、本当に侮れませんね

この結果を導ているのは、ウェリントン選手の存在が大きいと見て間違いないと思います

前半戦では、チャンスを決めきるストライカー不足によって勝ち点を稼げませんでしたが

彼は途中加入ながら既に4得点(いずれもヘディングから)

前線に脅威が出てきたことで、これから順位を上げていきそうなチームの1つです

湘南の得失点パターン

続いて、湘南の得失点パターンを見ていきます

まずは得点パターンから

何となく予想はできていましたが、ここまで顕著だとは。。

やはり高さを活かしたクロスからの形が最も多く、セットプレーが続いてますね

ヴィッセルの失点は、クロスからが最も多いので

明日のウェリントン選手対策は、最重要ポイントになります

菊池選手・小林選手のCBコンビも高さはありますが、常に空中戦で勝てる相手ではないので

せめてフリーで撃たせないこと、身体を当てて体勢を整わせないことが大事になってきます

続いて失点パターン

ショートパスからが最も多く、セットプレーが2番目に多い失点の形になっています

ショートパスと言えば、イニエスタ選手からの崩しが効果的ですね

今のダイヤモンド形のフォーメーションが機能してきていることで、イニエスタ選手を攻撃的なポジションで起用できているので

今日もキャプテンを中心とした攻撃が見られるかと思います

セットプレーは、初瀬選手のキック精度にドウグラス選手や菊池選手、小林選手など高さのある選手が揃っているので期待が出来ます

相手の守備を打開できない展開だと、余計にセットプレーの重要性が上がってくるので

1つ1つ集中力を高めて、得点を狙って欲しいなと思います!

予想フォーメーション

私の予想はこちら!

前節の横浜FC戦と全く同じメンバーが濃厚ですね

重要になってくるのは、サブ選手の存在

天候を考慮すると、ノエスタの屋根が閉まることによって

スタジアム内は蒸し暑くなり、消耗が激しい環境になりそう

そうなると交代で入ったフレッシュな選手が、試合を打開することも十分あり得ると思うので

投入のタイミングと、誰がプレーするかは注目ですね

ダイヤモンド形中盤の成熟

ダイヤモンド形の中盤構成にしたことで、攻撃が上手く機能しつつありますが

守備に関しては、山口選手と郷家選手のハードワークをベースにしているので

両選手が攻撃参加によって、守備に戻ることが遅れれば大きなピンチを招くことになると思います

特にサイドの守備に関しては、サイドバック1人に対して、相手のサイドハーフとサイドバックの2人をケアしないといけない状況になると

簡単にクロスを上げられて、エリア内でウェリントン選手と空中戦で対峙する必要が出てきてしまうので

チーム全体で、状況に応じた守備の対応を整理していく必要がありますね

粘り強さ

明日の湘南はハードワークをベースにするチームなので

そう簡単にゴールをこじ開けることはできないだろうなと思います

難しい展開の中でも、忍耐強く戦うことが求められますね

福岡戦のように、粘り強く戦い続ければ必ず得点機が訪れると思うので

そこを決めきれるかどうかが明日のポイントの1つになりそうです

前半戦の引き分けは、7試合もあったので

いかに勝ち切れるかが、上位進出のキーワードですね

天皇杯から公式戦は3連勝中の良い雰囲気を味方に、4連勝を記録する日になればと思います

湘南に勝利すれば、暫定3位に浮上するチャンスです

今年のヴィッセルは違うぞと、結果をもって示してくれることを願います!

Vamos! Vissel!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました