Jリーグサポが安眠するイニエスタ4つの言葉

明日の14時から不気味な発表がありますね

あまりにも突然すぎるアナウンスに動揺を隠せないですが

引退発表でないかと怯える方が、少しでも今夜安眠できるよう

過去のイニエスタ選手の発言をいま一度振り返っていこうと思います!

スポンサーリンク

1. 引退はまだ遠い

(引退は)まだ遠いものとしてみている。フィジカル、モチベーションと先を続けるものがある。サッカーに関わり続けたい希望、モチベーションがあるよ

2020年4月インタビュー

2. 契約期間後も日本で

その後(契約満了後)も力が残っているならば、プレーし続けたい。(中略)

まだ確かなことは分からない。でも、僕たちは日本でとても快く過ごしているし、何も起きることがなければ、プレーするのはあの国でなければいけないだろう

2020年1月インタビュー

3. カズのように現役を長く

Q: カズさんは53歳までやられているんですが、そこまでやられますか?

A: できることならやりたいですね

2020年2月キックオフカンファレンス

4. 可能な限り現役を続けたい

現時点では、まだまだ可能な限り現役を続けていきたいと思っている。ずっとボールを蹴り続けたい。それが僕にとっての幸せだからね。(中略)

来年に契約は切れるけどシーズンを終えるごとに色々検討しているよ。僕自身状態もいいしモチベーションもある。プレーを続けたいね。ここにいられて嬉しく思うよ

2020年4月インタビュー

以上、4つの過去の発言を紹介しました

私も胸騒ぎが止まりませんが、イニエスタほどの選手が引退発表となれば

スペインにも同時中継するんではないかと思うので(日本の14時は、スペインの7時)

契約延長であって欲しいと心から願います‼️

まだまだ日本で、神戸でそのプレーを見ていたいというのは我々の願望でしかありませんが

それでも、夢のような時間が少しでも続いて欲しいのが本音ですよね。

吉報であることを願って、明日の14時を待ちましょう

Vamos! Vissel!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました