ルヴァン杯突破は最終節へ

うーむ、引き分けでしたね

この試合の采配を見ていると、新加入のマシカ選手やリンコン選手、復帰したイニエスタ選手のプレータイムを確保して

コンディションを上げてもらうことが大きなテーマにあったかと思いますし

その中で、勝利を掴めれば最高でしたが

FC東京もリーグ戦の連敗が続いてることもあり、主力組を何人か投入しての一戦でしたので

引き分けで、グループリーグ最終節に自力突破の可能性を残せられたのは、最低限の結果だと思います

一方で内容に目を向けると、課題もありますよね

特にイニエスタ選手投入後の攻撃に関してはチームとして整理が必要だと感じました

イニエスタ選手を起用する際は、ツートップの一角を削るので

中盤の人数が増えて、前線の人数が減るんですよね

ボール回しをしていても、前への選択肢が減りますし、ワントップの負担が増えるので

あまり効果的な攻撃が見れませんでした

前線の枚数が少なくなるのであれば、中盤以下の選手が飛び出して

マークを分散させるなり、人数を増やして厚みを持たせる必要が出てくるので

それはイニエスタ選手復帰に伴う新たな課題として、チーム全体で整理すべき大きなポイントですね

ルヴァン杯のグループリーグ最終節は2週間後の徳島戦!

この試合までにチームの課題を整理して、万全の状態で臨みたいですね

自力突破のためには勝利しかないので、ルヴァン組の進化した形を見せてくれればと思います

〈本日のポジティブ〉

引き分けに終わった試合でしたが

今日も何気にクリーンシート達成ですね

どんなメンバーが出ても守備の強度が上がっていることが結果に出ていますし

簡単に負けなくなったことで、今までにない粘り強さが今年のチームの特徴にもなってきてます

あとは、攻撃面の改善が見られれば…‼️

Vamos! Vissel!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました