【マッチプレビュー】第1節vsG大阪@ノエスタ

皆さん、こんにちは!

いよいよ開幕が明日まで迫ってきました。

不安だった気持ちがだんだんと薄れ、早くヴィッセルの試合が見たいという楽しみな気持ちが強くなります。

さて、今日は明日行われる開幕試合vsG大阪戦のマッチプレビューを行っていきたいと思います。

試合後には、マッチレビューも書いていこうと思うので合わせてご覧いただければ、非常に嬉しいです!

スポンサーリンク

対戦相手G大阪について

開幕の相手は早速、関西勢のG大阪となりました。

昨年は宮本監督の戦術がチームに浸透し、難しい試合でも結果的にモノにしてしまうチーム力と、躍動する若手選手の影響もあり2位となった強敵です。

開幕に先立ち行われたゼロックス杯では、川崎相手に接戦を演じたことからも間違いなく簡単に勝たせてくれるわけではありません。

開幕のフォーメーションは、ゼロックス杯で披露した4-3-3の形が濃厚です。

ここでカギになるのが、どれだけ選手の入れ替えがあるかですね。

神戸キラーとして厄介な宇佐美選手、日本を代表するDFの昌子選手の他にも

新外国人のチュセジュン選手や、レアンドロペレイラ選手、チアゴアウベス選手がどの時間からプレーするか、どこまでチームにフィットしているかで大きく変わってきそうです。

まだ新スタイルが発展途上とはいえ、油断すると個人技で試合を決める選手が多い相手なので、ヴィッセルとしてはチーム全体で連動した守備によってゴールを割らせないことが大事ですね。

スタメン予想

少し前の記事で、開幕スタメンを昨シーズン終盤の形にならって4-3-3のフォーメーションで予想していました。

が、沖縄キャンプや神戸でのプレシーズンマッチ情報を完全に遮断していることを見ていると

予想をつかないことをやるのが、相手からすると一番嫌なことはもちろん、非公開のメリットを最大化できるなと思い始めました。

そこで考えたのが、こちらの開幕スタメン予想です!

フォーメーションは4-2‐3-1と考えました。

こう考えた理由が以下の通りです。

①各選手の距離感、チーム全体としてのバランスがよく、各ポジションに戻った際に中盤とDFに隙が出ない

⇒前回の4-3-3だと、どうしても中盤が人数的に薄い

②ポジション上だけでも両サイドの攻撃の選手の位置を下げることで、中盤を厚くし、ボール奪取の位置を高くする

⇒中盤の守備に人数が多くなると、それだけ中盤でのボール奪取に繋がりカウンターに移りやすい

③1トップにより後ろの選手の攻撃参加を活性化+ドウグラス選手の身体能力

⇒1トップということで、攻撃時にはポジションに縛られず後ろの選手が積極的に攻撃参加、追い越す動きが求められます。

いままでポジションに縛られがちな各選手の動きをより流動的にすることが期待できるのと

ヴィッセルのサッカーに合わせすぎてその能力の高さを活かしきれていないドウグラス選手にストレスを感じずに動いてもらうことで、より良さが出てくるのではといった考えです

当日のスタメンは全く読めませんが、無難に昨年の4-3-3で来る可能性も全然ありますし、当日はどうなんですかね!

注目ポイント①ベールを脱ぐ新ヴィッセル神戸

ここまで戦術練習・練習試合に関する情報を完全にシャットダウン

これにより、スタメンやフォーメーションについて様々な可能性が考えられます。

特に注目したいのが、チーム全体の守備対応と攻撃時の選手の流動性です。

ここまでを通して、選手の口からはかなり守備に関するコメントが出てきています。

そのチーム全体として取り組んだものがどれだけ形になっているのか

あとは、攻撃時に迫力を持たせるためにヴィッセルに足りないと感じるのが流動性です。

昨季の終盤ではJリーグで無得点が続くなど、高い得点力を誇るチームながらその得点力はまだまだ安定性に欠けると思います。

攻撃陣は昨季の主力選手がほとんど今年も在籍しているので、相互理解のベースの上に、動きの柔軟性を見たいところです。

注目ポイント②新加入選手

今オフで加入した選手について、あまりプレーを見たことがない選手がかなり多くいます。

彼らがどういった選手なのか、どんなプレーを見せてくれるのかはもちろん

これまでの神戸のサッカーが彼らによって、どう変貌していくのかはこの時期の楽しみの一つです。

開幕試合にどれだけの新加入選手が名前を連ねるかは分かりませんが、昨季からの変化という点からも期待しているサポーターの方は多くいらっしゃるのではと思います。

注目ポイント③交代選手

今年も昨年と同様に交代出場枠が5人までとなっています。

昨季の川崎を見ていると、層の厚さ、交代選手の使い方によって年間を通してかなりの勝ち点数に反映されることは想像に難くないです。

一方で、昨季のヴィッセルは交代で出せる選手が少なかったのも事実。

ガンバ大阪に目を向けると、強力な新外国人助っ人など一人で試合を変えてしまう選手が多数います。

そういった選手に対して、自由にプレーさせないことはもちろん

ヴィッセルとしても、交代によっていかに流れを引き寄せるかが鍵になります。

昨季はあまり出番のなかった中坂選手を筆頭に、トレーニングの中で良い動きを見せる選手もいるので三浦監督の采配にも注目です。

以上でございます。

初回のマッチプレビューだったので、かなり手探りで書いてきました。

今後より質を高められればと思うので、引き続きよろしくお願いいたします。

〈本日のポジティブ〉

開幕に備えて、サポーター団体の方々がコレオグラフィの準備に取り掛かっていました。

また、座席にはドローンでコロナウイルス対策の液剤がまかれるニュースもあり

いよいよスタジアム内も開幕ムードです!

今年も多くのヴィッセル神戸サポーターの方と一緒に応援出来ることが嬉しいですし、少しでも勝利の味を共有できることを心から願っています!

Vamos! Vissel!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました