ウイイレ能力値でみる、増山朝陽選手

皆さん、こんにちは!

新加入選手のウイイレ数値分析シリーズも、新加入がなければ今回で最終回となります。

今回は、増山朝陽選手!

増山選手がレンタルバックで戻ってきてくれて安堵した方も多いのではないでしょうか。

昨シーズンはアビスパ福岡でのJ1昇格に主力として貢献しましたし、出身も福岡県です。

もしかしたら、このまま完全移籍に移行してしまうのではと思っていた選手なので、リリースが出たときは本当に嬉しかったです。

さて、そんな期待の増山選手のウイイレ数値がこちらです!

例によって、まずは画像下のプロフィールから。

東福岡高校から入団した増山選手も、気が付けば23歳になりましたね。

ただ、当時から筋肉が凄く、173センチと小柄な身長ながらフィジカルでは若手選手とは思えないほど渡り合ってましたよね。

プレースタイルに関して、ゲーム上では記載がありませんでしたが間違いなくドリブラーといって良いでしょう。

そのドリブル数値ですが、87とやはり高い数字!

スタジアムでも増山選手がボールを持ってドリブルしていくと、ワクワクする気持ちにさせてくれます

またあのドリブルを見れると思うと、期待が高まります!

そのドリブルよりも高いのが、スピード88という数値

瞬発力も84と高いですので、サイドをスピードでちぎる場面を見れそうです。

この2つの数値はリーグ全体を見渡しても、かなり高い数値だと思います。

イニエスタからも「スピード・ドリブル・テクニックが高いから、好きにやっていいよ」と言われていたそうです!

仕掛ける選手が少ないチームの中で、ドリブルが長所の選手が戻ってくるのは間違いなく攻撃の際にアクセントとなります。

また、これは数値に関係ないですがアビスパ福岡で守備力に関しても成長したそうです。

特に組織として連動して動く部分については、チーム内で教わる機会があったそうで、攻撃以外の成長も早くピッチで見てみたいところ!

最後に、逆足頻度とその精度。

数値上は2といまいちですが、昨シーズン5ゴールをあげたうちの2ゴールは左足で得点しています。

(残りは右足で2ゴール、ヘディングで1ゴール)

それだけ得点の形も多様といえますね。

おそらく右サイドのウイング起用が多くなるかと思います。

ここは、昨シーズンを通してレギュラーとして定着した選手がいなかったポジションでもあります。

期待の高卒ルーキーだった増山選手も23歳となり、サッカー界では選手として若手の枠を抜けつつある年齢ですね

ヴィッセル神戸でもチームの中心選手となれるだけの能力は十分あるので、今年は右サイドの攻撃の顔となってほしいですね!

本日もご覧いただきありがとうございました。

Vamos! Vissel!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました