ウイイレ能力値でみる、櫻内渚選手

皆さん、こんにちは!

コロナで大変な時期ですが、少しでもこのブログを通して楽しんでいただければと思います。

本日は、新加入選手のウイイレ分析、櫻内渚選手編です!

過去の小林友希選手、井上潮音選手、廣永遼太郎選手、リンコン選手も是非ご覧いただけますと幸いです!

西大伍選手が抜けたRSBを本職とする選手が加入してくれました。

さっそく、どんな選手なのか数値を見ながら理解を深めていきましょう!

(*あくまでゲーム内の能力です)

まず、画像下のプロフィールから。

気になるプレースタイルですが、クロサーです。

実際に、櫻内選手の特徴を表す昨シーズンのデータとして1試合平均クロス数が3.4があります

これは、J2リーグで18位の数値となります。

このランキングはウイングやサイドハーフ、サイドバックの選手が幅広くランクインするものなので、RSBとしては高い数値を誇ると言えます。

このまま能力値にも移ろうと思いますが、クロス精度とも関係するフライパスが80と高いです!

古巣のジュビロ磐田サポーターの方々も、クロスの上手い選手というコメントを多く目にするので期待が持てますね!

空中戦に強いドウグラス選手や田中順也選手がターゲットとしていますし、低いクロスでも相手の背をとるのが上手い藤本選手もいます。

これに加えてリンコン選手もいるとなると、櫻内選手からの高精度クロスからどれだけ得点が生まれるかワクワクしてきますね!

また、クロスの他にスピード80、瞬発力79とスピードを備えていることも分かります。

神戸のディフェンスラインは、スピードに長けた選手が少ないので相手チームに俊足アタッカーなどいるとスピードでついていけない場面も散見されます。

そういった場面でも、能力を活かしてチームを助けてくれそうです!

また、ディフェンスで重要なジャンプ力が80とこちらも高い数値

セットプレーや競り合いプレーが多いポジションで身長が、176センチは決して長身といえる高さではありませんが、空中戦でも力を発揮するだけの力がありそうです

実際に、CKからヘディングで得点している動画もありました。

是非、こちらもご覧ください↓

【公式】ゴール動画:櫻内 渚(磐田)24分 川崎フロンターレvsジュビロ磐田 明治安田生命J1リーグ 第19節 2017/7/29

あと、Youtubeで櫻内渚選手を検索すると分かりますが、右足からのシュートもかなり上手いです!

「たまに、櫻内選手がFWだったらどうなるのか想像する」といったコメントもありました

是非、他の動画も見てみてください!

そういった攻撃センスもあってか、過去にはRSHで起用される時期もあったそうです。

実際に、適正ポジションにRSHが入っているので前目のポジションでプレーすることも出てきそうですね。

一方で、ディフェンス系数値がいずれも75を下回っているのは少し気になります。

RSBだと昨シーズン終盤から山川選手がレギュラーとして定着していましたが、もとはCBの選手

”守”のSBが山川選手

”攻”のSBが櫻内選手

といった争いになってくるかもしれませんね。

新しい特徴を持った選手が加入することで、右サイドの幅が増えてくるのは喜ばしいことです!

どうしてもヴィッセル神戸ですと、酒井高徳選手・イニエスタ選手・古橋享梧選手のトライアングルを形成する左サイドが中心となりがちですが

右サイドも、別のカラーで特徴があるとチームとしての深みが出てきますよね

まずは、特徴のクロスから多くの得点を楽しみにしたいと思います。

本日もご覧いただきありがとうございました。

Vamos! Vissel!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました