【答え合わせ】2021年ヴィッセル神戸背番号予想

皆さん、こんにちは!

昨日、クラブから今シーズンの体制と背番号が発表されましたね。

体制は基本、昨シーズンと変更がなく三浦淳寛監督の続投となりました。

一方で、少し騒ぎとなったのがビベスコーチが退任しているということ。

カタルーニャサッカー協会のテクニカルダイレクターを務めていたこともあり、クラブのバルサ化推進を象徴する方でもありました。

経緯については分かりませんが、身内で固める人事は個人的にどうかなと思っています。

選手がプロであるならば、スタッフ・フロントもその道で経験を積んだプロで固めるべきというのが私の考えです。

特にイニエスタ選手がクラブに在籍している間は、なおさらクラブのバルサ化を推進するいい機会かと思うので。

もちろん、名将やスタッフのプロは誰しも新人時代があるという考え方もできます。

現在はFC東京の監督を務めている、長谷川健太さんがプロ監督デビューした年の清水エスパルスは15位でした。

誤解を招かないように言いますが、決して現監督・コーチ陣を責めるものではありません。

クラブとしてバルサ化を本気で推進するなら、新しいコーチを招聘したり、アドバイザーとして誰か見つけてくるなど、スタンスをもう少し改善できるのではという考えです。

三浦淳寛監督およびそれを支えるコーチ陣の方々は、今年もヴィッセル神戸のために全力で取り組んでくれると思うので、応援するのみです!

また、今シーズンの背番号も発表されましたね!

意外な番号から、期待の番号変更まで様々でした。

さっそく、数日前の予想との答え合わせがこちら。

まずは、赤字の新加入選手からみていきます。

結果的に当たったのは、小林友希選手の3番と井上潮音選手の20番のみでした。(少なっ)

個人的に小林友希選手が3番背負うのは、嬉しかったです!

背番号とともに、今シーズン一気にチームの主力選手への上り詰めてほしいですね。

櫻内渚選手の26番と、廣永遼太郎選手の32番は予想できた方がいたら大拍手です!笑

期待の櫻井選手は、郷家選手が背負っていた27番となりました。

高卒ルーキー選手の出世番号となる良い流れが続くことを願ってやみません。

そして、増山朝陽選手はまさかの37番!

え、なんで!?と思わず考え込んでしまいました。

増山選手のインスタグラム、ストーリーに答えがありましたね

スペイン代表のアダマ・トラオレ選手(背番号37)をリスペクトしたものだそうです

ご存知の方もいるかと思いますが、筋肉の鎧をまとったようなアタッカーです。

知らない方は、是非検索してみてください。本当にすごい身体です。

一方で、既存選手にも動きがありました。

まずは、佐々木大樹選手が38番から22番へ変更。

思えば西大伍選手のことを慕っているような場面が、公式Youtubeでも流れていた記憶があり

その背番号を引継ぎたいとの思いから変更があったのかもしれません。

そして1番のサプライズとなったのが、郷家選手の7番への変更!

ユニホーム先行販売が開始している選手は、変更なしと思いこんでいただけに驚きが強かったです。

ただ、嬉しい変更ですね。

ヴィッセル神戸でプロデビューを果たし、徐々にチーム内で頭角を現して、良い背番号を背負うことになる

綺麗な流れだなと思いました。

今までの成長と、これからの期待も含めて、個人的に嬉しいサプライズ

是非、ヴィッセル神戸の7番と言えば郷家友太といわれる選手になってほしいですね!

他の選手については、昨シーズンから変更なしとなりました。

加入間近と言われるリンコン選手は、新10番ですかね。

また、今シーズンは久しぶりに13番が空くシーズンとなります。

このクラブのエース番号ですが、無理に誰かが背負うものでもないので今年は空きで良いかもしれませんね。

この番号を背負って欲しいとサポーターの皆さんが嘱望するような選手が出てくるのを、楽しみに待ちたいと思います。

本日もご覧いただきありがとうございました。

Vamos! Vissel!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました