ウイイレ能力値で見る小林友希選手

皆さん、こんばんは!

3連休の真っただ中で、初仕事から蓄積した疲労を回復させている方も多くいらっしゃるかと思います。

最近はヴィッセル神戸に様々な選手が加入してきて嬉しいニュースが増えてきました!

いま噂になっているリンコン選手の加入も、早く決まってほしいと毎日心待ちにしています!

さて、せっかく多くの選手が新たに移籍してくることが決まったので、データを見ながら選手の理解を深めていければと思います。

今回は能力値についてフォーカスしたかったので、最新のウイニングイレブンでの選手能力値を見ながら書いていきます。

*ゲーム内のデータですので、選手としての能力を完全に反映するものではございません。

今回は、横浜FCからレンタルバックの決まった小林友希選手!

能力値の前に、左下の小林選手の基本情報ですが魅力的な点が多いですよね。

左利きのCBで、体格も185cmの身長は文句なしです!

そして、まだ20歳というポテンシャルに溢れた年齢で、今後どういった成長をしていくのかが非常に楽しみです☺

さて、肝心の能力値ですが、第一印象は非常に全体のバランスがいいですよね。

ディフェンスの選手なので、ディフェンスセンスが80に乗っていることや、20歳ながらフィジカルコンタクト82を誇るなど頼もしい能力です。

また、一つの特徴だと感じたのがパス系数値。

グラウンダーパス、フライパスともに83とCBにしては非常に高い数値です。

プレースタイルがビルドアップとなっていることからも、ディフェンスラインからの組み立てや攻撃の起点に十分なることは、ヴィッセルの攻撃の幅を広げる可能性が十分あることを示してますね。

ヘディングの数値も82と高いので、セットプレーでの活躍期待値も大です!

懸念の赤色の数値はいずれも、オフェンス選手に要求される項目で気にするものでないと思います。

まとめると、ビルドアップ能力にも長け、セットプレーでも力を発揮する若きCB!

といったところでしょうか。

今シーズンの活躍が楽しみになってきますね!

今後、いろんな選手の数値も見ていきたいと思います。

また、ウイイレだけでなく他のデータでもまとめられるように考えていきますね!

Vamos! Vissel!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました