ヴィッセルの新監督候補!?

先ほどTwitterでも引用リツイートしましたが、気になるニュースが入ってきました。

アルビレックス新潟のオスカルエルナンデス ヘッドコーチが退任。

このニュース、何が気になるかと言うと、

①オスカルコーチの経歴

②オスカルコーチ退任コメント

以上2点にあります。

①オスカルコーチのプロフィールと経歴がこちら

■生年月日 
1975年5月19日(45歳)

■出身地 
スペイン

■資格 
ナショナルコーチUEFA PROライセンス

■経歴 
2007- 2010年 FC Barcelonaアカデミーコーディネーター・ヘッドコーチ
2007–2013年 FC Barcelonaキャンプワールドツアー(イタリア・日本・デンマーク・アメリカ) テクニカルダイレクター&ヘッドコーチ
2010年 ナイキ・イベント・ジャパン(横浜・大阪・東京)FC Barcelonaゲームモデル&フィロソフィ カンファレンス
2012年 FC Barcelonaゲームモデル&メソッド カンファレンス in セビージャ
2010-2017年 FC Barcelonaコーチ(U8/U13)・FC Barcelona「ラ マシア」スカウト
2018-2019年 スポーツキャリアコンサルティングDouble March Agencyスカウト・バルセロナコンサルティング部門テクニカルダイレクター                         2020年 アルビレックス新潟 ヘッドコーチ

ご覧の通り、FCバルセロナでの経歴があることからバルサ化を進めるヴィッセルの次期監督候補になるのではないかと噂が出ております。

トップチームでの監督経験はないですが、非常に魅力的な方ですね!

特にコロナ禍によって新規入国が制限されている中で、国内チームにバルセロナの血が入っている方がいるとなれば有力候補間違いなしです。

②ヘッドコーチ退任の際のオスカルコーチのコメントです。

「私の人生において最も難しい選択になりました。自分が愛されている、必要とされていると感じる場所で幸せな時間を過ごしている時に、そこから離れることは本当に辛いことです。新潟という地域、ファンの親切さ、どんな時もチームをサポートしてくれた皆さんのことは、これからも私の心と共にあるでしょう。共に戦った選手やスタッフ、そしてクラブに対し、日々の努力とプロフェショナルな姿勢に感謝を伝えます。一緒に働くことができたことを光栄に思っています。
このたび、サッカー界で自分の未来を切り開くための新しいプロジェクトに進むため、新潟から離れることを決断しました。しかし、これからも皆さんと共に、アルビレックス新潟の勝利に喜び、敗北に苦しみます。どこにいても、アルビレックス新潟を応援しています。本当に感謝しています。ありがとうございました。」

太字部分です。

新しいプロジェクトに進むためという言葉は、すでに何かしらのオファーがあったこと・そのオファーを受諾したということを連想させます。

また、自分の未来を切り開くということから、指導者としてのステップアップ=監督就任!?という憶測です。

既にJ1のチームはほとんどのチームで監督が決まっていて、未だ宙に浮いているのがヴィッセルと考えれば非常に可能性が高い気がしてきます。

明日1月4日が仕事はじめの方も多く、ヴィッセルのフロントの方々も同様であるならば早ければ明日なんかしらの報道/リリースが出るかもしれませんね!

楽しみに待ちたいと思います。

Vamos! Vissel!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました